フォントデザインで、ランディングページのイメージが決まる

ランディングページのフォントは意外な盲点です。フォントにもこだわって作成すべきですが、やはり内容を重視となってしまうため、そこまで気を配れないのが現状です。しかしこれを間違えると、何が最も重要なのかはっきりしなくなってしまうので、ページ作成の際には押さえておきたいポイントです。フォントと言っていますが、デザインが同じで統一感のある文字のことです。書体との違いをあげられることが多いですが、この二つは全く異なりますので、まずは理解しておきたい点です。書体はデザイン文字です。ページを構成する時に可愛らしいページならば可愛い書体で、かしこまった内容ならば整った書体でということです。

ランディングページ作成には、文章の他に、スクリーンショットや動画、音楽などを載せることがあります。読み手の興味を引くために行われるのですが、これらを取り入れることにより、ページ全体がごちゃごちゃとした印象を与えてしまう可能性があります。もちろん必要なものなので掲載することに問題はありません。ページの目的である、ホームページへの誘導がしやすくなるメリットがあります。そこで、フォントをうまく活用する技術が生かされてくるのです。ページ全体を引き締める役割も持ちます。

フォントの選び方については、ただ何気なくというわけにはいきません。ページの主旨にあったものを選択します。真面目なことが書かれているページに、可愛い丸字の書体を使用することは危険ともいえます。ページにそぐわない文字は、読み手側の興味を半減させてしまったり、ページの質が落ちる可能性も考えられます。このページではどんなことが言いたいのかを明確にしておきましょう。ランディングページとは商品や企業を紹介するページです。全ての字体が同じではアピールポイントが分かりません。強調したい箇所をはっきりとさせることで内容を区別していきましょう。アピールしたい商品の近くには、多かれ少なかれ必ず説明が入ります。この両者は同じフォントサイズではいけません。ランディングページでの説明はあくまで、商品にくっついてくるおまけと同じです。細かい説明はホームページでされているので、興味を持った方はそちらへ移動すれば良いだけの話です。長い説明文を太文字で箇条書きにした場合、商品の良さはどれだけ伝わるでしょうか。読み終えることはできるかもしれませんが、その後には何も残りません。言いたいことが明確ではないので、どんな商品なのかという印象が薄くなってしまうのです。サイズや太さには十分注意しなければなりません。フォントはデザインですが、文字として読みやすいことが条件となります。

フォントデザインはページの印象を決めます。商品を売り込む場合でのランディングページでは、ここが初めの入り口となるわけです。読み手が考えていた印象と異なった時に、候補から外れてしまうことがあるかもしれません。デザインはそれだけ大きな役割を担っているのです。ページ内容とフォントが一致していると、とても美しいランディングページに仕上がります。書き手がどんなに失敗しながら作成しても、完成したページが美しければ、多くの方々の頭の中に商品を残すことができます。ホームページまでたどり着かなくても、商品を覚えさせることができただけで大きな収穫です。何かのきっかけでホームページを活用してくれることがあるかもしれませんし、誰かに話をしてくれるかもしれません。そのためのきっかけ作りのページなので、これは成功したと言えます。そのためには商品イメージを確立させておくことがとても重要です。ユニバーサルデザインといって、誰にでも見やすい、判別しやすい様に工夫されたデザインはとても読みやすく受け入れられやすいメリットがあります。ページを作成する際にはユニバーサルデザインも考慮して行うとなお良いでしょう。

高品質なホームページと作成代行は、専門業者に頼むことができます。読みやすくデザイン性も高い、アピールポイントもしっかりとおさえてくれるので、ページ的には完璧な内容に仕上がります。ランディングページの作成事例があるので、似たようなページとの比較を行うこともできます。ランディングページに望んでいることや、希望などがあれば相談してみると良いでしょう。見やすさを向上させるためにフォントデザインにも気を配ってくれます。希望さえ伝えておけば後は全て任せられるので、自分がページ作成にかかりきりになることはありません。他の業務がある中でページ作成に多くの時間を費やしていた場合には、時間を有効に使えるようになります。専門業者がサイトなどで独自に作成したページを公表していることがあります。仕上がりは業者によって違うため、最もそのページに適していると思われるところを選びましょう。ランディングページは、デザインに支えられている部分が大きいということが分かります。