ランディングページは複数用意するといい

どのようなビジネスをするにしても、数字を追い求めることが重要になります。例えば、会社員が行っているビジネスでも、数字を求めることで会社の売り上げを伸ばすことができます。これはインターネットのビジネスも同じになります。数字を意識することが非常に重要で、少なくともランディングページを作る場合、将来的なアクセス数を頭に入れておくことが大事です。もちろん、実際にランディングページを作ってからでないとどのぐらいの数字になるか分かりにくいですが、他の人の意見などを参考にして数字を決めておきましょう。

ランディングページは、お客さんがそのサービスを利用するか、商品を購入するかを決めるときに重要なものになります。その内容がしっかりしていることも大事ですが、より魅力的な内容になっていることも重要です。ところが、最初はどのようなランディングページが魅力的に映るかがわからないものです。そこで大事になるのは複数のランディングページを用意しておくことです。1つのページを作ってそのページだけでは比較をすることができません。つまり、そのページが反応が良いのか悪いのかがいまひとつわかりにくいです。そこで、1つのページが出来上がれば、2つ目を作ってみましょう。

例えば最初の10日間は1つ目のランディングページにリンクをし、どのぐらいのアクセス数があり、そこからどれぐらい申し込みがあったか、あるいはどれぐらいのメルマガを登録したか計測していきます。次に、2つ目に作ったページを利用します。ページやブログからリンクを張り替えて、新しいランディングページを10日間ほど利用します。そうすると、おおよそどれぐらいの反応率が違うかが分かるでしょう。このように、複数のものを作っていき、それぞれの違いを比べていきましょう。複数のものを作るときは、いくつかポイントがあります。その一つは、ポジティブな内容とネガティブな内容の2種類のものを作ることです。1つは多くの人が作っているように、積極的に宣伝する方法です。もう一つは曲げ薬でネガティブな両角ことで、反応の違いを明確にしていきます。

もし、自分でランディングページを作るのが大変と考えている場合には、業者にお願いしてみる方法も考えられます。お金はかかりますがしっかりしたものを作ってくれるでしょう。また、自分で作ったページを評価してくれて、通販のホームページの改善方法を教えてくれる業者に頼んでも良いかもしれません。