ランディングページの平均滞在時間を長くする方法

シンプルなランディングページで、通販サイトを成功させるには、作成後にサイトを解析する必要があります。無料ツールも複数ありますが、Googleアナリティクスなら平均滞在時間を解析可能です。SEOやLPOには、専門用語もたくさんありますが、慣れれば効率的にランディングページの最適化を行うことができます。しかし平均滞在時間を長くして、売れるLPにするには、プロの代行会社に頼んだ方が効率的です。プロは、マーケティングの手法を取り入れてLPを制作しますが、その際、ターゲットを絞り込んだサイトを作成するのが特徴です。通販では化粧品や健康食品が人気ですが、年齢や性別によって好む色や雰囲気が異なります。ランディングページは明るい色が好まれますが、世代に合わせてレイアウトを変えると効果があがります。売れる通販のホームページと見積もりは、安くて5万円、平均すると15万円から20万円前後です。

しかし料金にSEOまで含まないケースもあるので、注意が必要です。良心的な代行会社なら、LPOやSEO対策もしてくれます。そしていったん信頼関係が生まれれば、住所変更や画像の挿入などの、細かい修正を頼みやすくなります。業者の方でも、その会社の顧客が求めるニーズが良く分かっているので、最適化も行いやすいです。東京や大阪、名古屋などの都市では、LPOも含めて10万円前後という格安の料金設定のところもあります。ただし大手の通販ショップのランディングページは、ページが長くなるので35万円前後は必要です。また価格だけでなく、有能なディレクターやセールスコピーライター、webデザイナーが在籍しているかどうかも調べておくと安心です。大手の業者なら、ホームページに成功事例を公開しています。それらを見てから依頼会社を決定すると、失敗しません。

またランディングページに流入する顧客を増やすために、フェイスブックなどのSNS広告で集客するという手法もあります。SNSでは顧客と販売元との距離が縮まるため、効果的に商品をアピールできます。さらに、ボディ部に起用された人気モデルの画像を挿入したり、良いレビューを入れたりすると、購入したいという気持ちが高まります。トップの見やすいエリアに、コンバージョンボタンを置くのも一つの手法です。また健康食品やサプリメントの有効成分などは、シンプルに説明する方が好まれます。詳細情報をアコーディオン式にして、見やすくするという方法もあります。そして訪問者の信頼を得るには、紹介されたメディア名を積極的に記載すると良いです。ターゲット層が好む雑誌であれば、尚、効果的です。特に1枚型のランディングページでは、悩みに寄り添うコンテンツの方が平均滞在時間が長くなります。1対1のフレンドリーな会話形式も好まれます。閲覧者が若い世代なら、マンガやイラストを多用すると、離脱を防ぐことができます。