ランディングページの編集で質を高める

パソコンやスマートフォンを持っている人は、インターネットをつなげて情報を閲覧することが多いですが、インターネットではもう一つの使い方があります。それはインターネットを使ってビジネスをする方法です。インターネットのビジネスをする場合に必要な事のひとつは、仕組み作りになります。最近はブログやホームページからランディングページに移動してもらい、そこからメルマガに登録する方法が一般的です。あるいは、ブログやホームページからランディングページにリンクをし、そこから直接商品を購入してもらう流れもあります。そうだとすれば、ホームページやブログを作成するだけでなく、ランディングページの作成も頭の中に入れておかなければならないことになります。インターネットビジネスをするときに必要なことのもう一つは、ランディングページの中身になります。ただ商品を提示して買ってくださいと説明するだけではお客さんは買ってくれない可能性が高いでしょう。そこで、反応率の高いランディングページを作ることが大事です。

具体的には、顧客が振り向くように顧客の悩みを解決する方法を訴える必要があるでしょう。例えば、お金な困っている人であれば、お金を稼ぐ方法の提案を具体的にしてみると良いでしょう。この時に注意するのは、商品やサービスを無理に売り込まないことです。無理に売り込みをかけると、顧客は引いてしまい、商品やサービスを利用してくれない可能性があります。そこで、売り込みをかけずに、顧客にとってどのようなものを提供したら顧客の問題を解決することができるかを考えなければなりません。より多くの人に反応をしてもらうには、顧客の反応パターンを把握することです。そのひとつは、ネガティブな人とポジティブな人に分けてそれぞれが反応するパターンを用意することが大事になります。ネガティブな人は、相手が安心する言葉を求めていますので、安心感を与える言葉を使います。一方で、ポジティブな相手に対しては、前向きな言葉や攻めの言葉をかけるとよいです。

ただ、それらの注意事項を守りランディングページを作ったとしても、反応が悪いことがあるでしょう。その場合には、何度か編集をしてみるべきです。自作のランディングページであれば、いつでもそして何回でも編集し直すことが出来ます。インプットをしながら、よりよいランディングページになるように編集をしていくと、いつの間にか腕前が上がっていることがわかるでしょう。