ヘアカラートリートメントのランディングページを作るなら

Webサイトを作る場合、いろいろな情報を盛り込んでおいた方が効果がたかそうな気がします。でも、実はそのようなページを顧客は望みません。情報が多すぎることで選択肢が増えて疲れてしまうからです。そんなページがリンク先になっているとせっかくの顧客を失うことになります。他のサイトや検索結果のリンクから移動する最初のページをランディングページと言います。このランディングページを見て約半分の人がサイトを離れていきます。それは、思ったものと違うと感じた場合や思っていたものが見つからないなど様々な理由があります。そこで重要なのが直感でわかるデザインにすると言うことです。シンプルな情報を提供するランディングページが、顧客を占有する鍵になります。

ヘアカラートリートメントのwebページを作る場合、顧客が求めるのは色の種類、髪へのダメージ、手軽さ、価格などです。それらの情報がバラバラに書かれていては、気になる情報を探さなければいけません。それでは探す努力を強いられるため途中で面倒になってしまいます。その結果、別のところに移動してしまう恐れが高くなります。それを防ぐためには、シンプルなランディングページにすることです。リンク前のページで書かれている内容と直接関係のある内容に集中してデザインすることです。つまり、情報を限定したページ作りが必要ということです。ヘアカラートリートメントにどのようなことを求めている顧客を対象としているのか、顧客のニーズに直結したランディングページが必要です。そのためニーズごとのページがあっても不思議ではありません。

ヘアカラートリートメントの色を探している人は、単に色の種類が気になります。リンク前に色が豊富であることを紹介しているのであれば、ランディングページは色の選択ができるようなサンプルが並んでいるデザインにしておいた方がいいでしょう。スクロールするのは色を選択するためであって、他の情報は不要です。顧客はお気に入りの色が見つかればその次のページに移動するはずです。そこで初めて他の情報も紹介していきます。一度特定の情報に興味を持った顧客はなかなか離れない特徴があります。気に入った色を見つけた顧客は、他のところを検索する意欲よりも、その色のヘアカラートリートメントについて知りたいと言う感情の方が勝ります。そのため離脱する恐れが減るため顧客として定着する確率が高くなります。