ランディングページで売り上げを高める法則とは

インターネットビジネスの中で、力を入れるべきところはランディングページになります。ランディングページは、契約をするときのクロージングと同じで最後の決め手となる部分です。途中までは素晴らしくても、最後の契約の部分で失敗すればお客さんを逃してしまうことになります。これは実際のビジネスでも十分あり得ることです。つまり、インターネットのビジネスであってもランディングページの内容次第では本来獲得できるはずであったお客さんを逃してしまうことも十分考えられるわけです。

そこで、よりランディングページを魅力的なものにするために一定の法則を覚えておくとよいでしょう。その法則とは、物語の法則です。日本で昔から語り継がれている桃太郎や海外の童話などはすべてある法則にもとづいてつくられています。その法則とは、弱い主人公が挫折を経ながら仲間を連れて悪をやっつける物語です。例えば桃太郎であれば、鬼退治をしに行きますが、自分ひとりの力では弱く太刀打ちができません。そこで猿やキジ・犬といった仲間を連れて鬼退治を行います。途中に何度か挫折はあるものの、最終的には仲間の力を経て鬼退治をすることに成功します。

このような物語は人々を感動させるため、いつまでも語り継がれており、1000年以上前から現代まで物語として残っているのが特徴です。この法則は1000年以上使われていた手法であるため、たくさんの人に影響を与える内容であることがわかります。これをランディングページに当てはめると、例えばダイエットの商品を売るのであれば、最初はダイエットができずにダメな自分がいます。ところが、商品を紹介してその商品を使うことでその人がダイエットに成功していく流れです。もちろん、簡単に成功できると説明してはだめで、努力をすることをつけ加えておきましょう。ダイエット商品といったすばらしい仲間を取り入れることでその人は目標を実現することができるようになるわけです。このようなストーリーを基本としてより魅力的にランディングページを作っていくことが大事です。

ランディングページは、初めて作る場合どのようにつくったらいいかわからないため、人が作っているものをまねしてみましょう。また、ランディングの作ページの作り方の本を参考にしてもよいでしょう。業者に依頼するときには、今話題のHPと見積もりを提供してくれるところを選ぶべきです。そのほうが、短い時間で結果を出すことができるでしょう。