ヘアサロンのランディングページは誰にでも好かれる工夫をする

ヘアサロンのランディングページはよく目にすることがあると思います。ヘアサロンでは、テレビCMや宣伝用ポスターなど活用していることは少なく、お店を構えることで宣伝をしています。お店の前を通りかかる人に知ってもらったり、来店して頂いたお客様が口コミで広めてくれるなど、そこにお店があるだけで宣伝になるのです。

ホームページはどこのヘアサロンでも開設しており、フェイスブックやラインで友達になるなど顧客を増やす手段としても活用されています。お店のメニューや料金、行なっているイベント情報もホームページを見れば一目瞭然です。お店が近くなくても、たくさんの方々にサロンを知ってほしい思いも込めてホームページがあるのですが、そこにたどり着くまでには、まず検索で引っ掛からなければなりません。数多くあるサロンの中から見つけてもらうのは非常に大変なことで、そこでランディングページが登場するわけです。ヘアサロンのランディングページは、モデルさんを用いて髪型を掲載する際に、そのサロンの特徴が上手く表現されたショットにすることが大切です。

代表的なカットを幾つかのせておき、髪型のポイントと適している髪質や量など書き込みます。カラーリングの説明も含めるとより詳細に分かるので、ホームページへ導きやすくなります。細かければ良いわけではありませんが、できる限り情報をのせれば興味を示してくれる人も増えます。近場のヘアサロンでも髪を切ることはできますが、少し足を伸ばしても、そのお店でカットしてほしいという思いを持ってもらうことが重要です。こだわりや特徴があれば見やすく表示しておきましょう。目立たせたい箇所は普通に箇条書きにするのではなく、吹きだしや矢印で相手に読みやすい工夫をするなど心掛けます。

今話題のホームページと作成代行は、必ずしも専門業者に頼まなければならないわけではありません。少しでもお客様の頭に残るようなページの作成には、代行してもらうこともいいでしょう。代行業者は多くのノウハウを持っているので、相談すればすぐに理解し良いアイデアを提案してくれます。ランディングページについてあまり知識を持ち合わせていない方には、業者への代行をおすすめします。ヘアサロンには男女問わずお客様が訪れます。客層を絞って、その方々だけに合わせることは難しいと考えられます。どんな人でも気軽に行けるような雰囲気のページ作りをしていきましょう。