ランディングページとホームページの役割と関係

インターネットでビジネスを行う時に必要となるWebサイトにはホームページとランディングページの2種類があります。ビジネスで成果を上げるためには、この2つの違いを理解してうまく使い分けることが大切です。ホームページは会社案内やカタログのようなもので、それぞれの項目について詳しく解説されているのが一般的です。ユーザーに役立つ情報が多ければ多いほどクオリティが高まり、検索エンジンからの評価も高まります。必然的にページ数も多くなり様々なキーワードからアクセスを集めることができるようになります。一方ランディングページは成約するために特化したページです。キャッチコピーで興味を喚起し、商品説明やベネフィット、お客様の声などをストーリー性を持たせて展開し、購買意欲を高めて成約に結びつけます。1ページで完結するために検索エンジンからの集客はあまり期待できません。

インターネットビジネスにおいては多くのアクセスを集めることが不可欠です。ですから集客においてはホームページを充実させてアクセスを集めることが重要です。しかし、いくらアクセスが多くても成約に結びつくとは限りません。商品説明とセールスは異なるものだからです。また、ほとんどの企業が1つの製品ではなく、価格も機能も違う複数の商品を取扱っているでしょう。複数の商品を比較し違いを理解しただけで満足して購入に至らないケースも多いでしょう。これに対してランディングページは単一商品を売るためのページです。申し込みページ以外のリンクを排除し、申し込むか申し込まないかの二者択一を迫ります。このようにホームページとランディングページには明確な違いがあります。しかし、全く独立した存在というわけでもありません。うまく使い分けることで成約率は高まります。例えば、ホームページのアクセスをランディングページに誘導したり、検索キーワードを分析してユーザーの興味関心のあるキーワードをランディングページに埋め込めばより成果が期待できるページを作ることができるでしょう。

このように成果を最大化するためにホームページとランディングページの使い分けが大切です。しかし、ユーザーの着地点であるランディングページのクオリティが低くては成約の期待値が下がります。同じカテゴリーの商品やターゲット層が同じ商品の通販のホームページの製作事例を参考に成約率の向上を目指してみてはいかがでしょうか。