ランディングページで訪問者の心を掴むヘッダーの重要性

ランディングページでは、ヘッダーが目に留まった時点で大まかな滞在時間が決まります。
ヘッダーとは、ページの最初に位置する冒頭で、掴みに該当する部分だといえます。
訪問者は、そのページに興味を持って訪れますから、期待させる情報をまず最初に見せることが肝心です。

ただ、アレもこれも見て欲しいと、ランディングページの冒頭に詰め込み過ぎるのは間違いなので、この辺は設計のバランス感覚が求められるでしょう。
見やすく魅力的で惹き付ける情報が目に入れば、訪問者の滞在時間は自然と延びますし、導火線に火が付いたように、ランディングページをスクロールして次々と情報に目を通してくれるはずです。

導入部を効果的に使ってこそ、ランディングページの価値が高まります。
ヘッダーとはいわば、訪問者に対するウェルカムメッセージみたいなもので、お待ちしていましたどうぞ中をご覧下さいという、ページの玄関口にあたります。

入り口が寂れているページの中身に期待する人はいませんが、逆に華やかで心を掴む何かがあれば、もっと中を見てみたいと思うようになります。
特に効果的なのは、画像を使ったランディングページの構成で、情報を求めようとする脳に記憶されやすい、視覚に訴え掛けるのがポイントです。
人物の写真は共感を得やすく、訪問者に丁寧な印象を与えるので、積極的に活用しているランディングページが少なくありません。
しかし、ただ写真を使えば正解というわけではなく、求める効果とそれを高める使い方が大切ですから、製作にはノウハウと効果を引き出す配慮が必要です。

ホームページと製作会社選びは、ヘッダーを理解して活用してくれるか、これが一つの基準となります。
設計して作るだけなら、見よう見まねでもある程度は形になりますが、集客力と売り上げという成果を伴うかは別問題です。
ランディングページは商品、あるいは企業の顔にすらなりますから、その表紙であるヘッダーは言うまでもなく重要な鍵を担います。
画像は情報量が高めやすく、見せたい情報を限られたスペースに収めることができます。

文字を重ねるのも容易ですし、色使いでインパクトを持たせることも可能ですから、デザイナーが使いたくなって使うのはある意味で当然です。
大切なのは、効果的な使い方を知っていて実際に効果を検証してくれる、そういった実践で結果を残している製作会社の存在です。
製作会社を選ぶ際は、数多くのランディングページを手掛け、滞在時間の延長と集客力のアップを実現している、ヘッダーの重要性と掴みの意味を理解する企業が目安となるでしょう。