健康食品におけるランディングページとホームページの違いとは

ここ数年、食の安全と健康問題については、様々なメディアにとりあげられていることから、健康食品は非常に注目度が高い商品です。そこで、健康食品のホームページと作成事例を解説します。健康食品の販売に関するランディングページにおいては、他の商品とは異なる、必ず盛り込んでおきたい内容があります。それは、その健康食品が誕生したコンセプトについて詳細に明記することです。というのも健康食品にはそれぞれ、開発から販売に至るまでの長い背景があります。そこには開発者の努力や必ず食して欲しいといった想いがたくさん詰まっています。それらをランディングページに盛り込むことで、ユーザーの共感や感動を呼ぶことになりますから、より説得力のあるページを作ることができます。

したがって、健康食品のランディングページを作成する場合には、まず、開発に携わった担当者を交えて、開発に至った理由や試行錯誤を繰り返した点について取材をすることから始めます。特に、なぜ多くの人に食して欲しいのか、その健康食品にどんな願いがあるのかを詳細に記述することで、訪問者の関心は高まり感動させる効果が生まれます。併せてランディングページには開発担当者の写真を挿入すると、さらにリアリティが増しますから非常に効果が高くなります。また、健康食品の場合、その効能について明記する必要がありますが、単に列挙するのではなく、実際に食した人からのコメントを掲載することが大切です。健康食品に興味を持つ人は、その効果に注目していますが、開発者担当者のインタビューである程度理解されていますから、ユーザーからのコメントで理解から確信に変えることができるのです。

さて、食品に関するランディングページであれば、その味わいや食べ方、調理法などを掲載することが一般的ですが、健康食品に関しては、敢えて外しても良いでしょう。これは、必要ではないということではなく、ランディングページの性格上、あれこれと詰め込むのではなく、ポイントを絞った方が効果が高いという考え方からです。むしろ、こういった内容はホームページに記載することで、ランディングページとの違いを出すことができます。あくまでもランディングページは、訪問者の心を動かしアクションを起こさせ、成約に結びつけるものであり、商品の内容や会社の概要を説明するホームページとは違います。そのことを踏まえた上で作成することが、成約率のアップにもつながります。