ランディングページの直帰率の平均について

商品の販売やサービス提供で活用するサイトでは、ランディングページの直帰率をいかに下げるかがポイントになります。直帰率とは、ランディングページにたどり着いたユーザーが何のアクションも起こさずにサイトから離脱する割合を意味します。そもそもランディングページは、他のページへのリンクが無いことからユーザーに何かしらのアクションを求める性質を持っています。その点においては、様々な情報提供を行うホームページとは明らかに異なるものと言えます。そしてこの直帰率は平均すると80%から90%とされています。ほとんどのユーザーがアクションを起こさずにサイトから離れていることが分かります。そこでこの平均値よりもいかに改善するかがランディングページ作成における目標となります。

例えば化粧品のサイトであれば、最終的にはその購入につなげるようにサイトを構築し、ランディングページまでリンクを辿っていけるようにする必要があります。そこで化粧品のHPとキャッチコピーを作れる業者に依頼することで、直帰率を改善することが可能となります。まずLPを作成するために、その前のコンテンツを充実させることが必要です。そこでサイトのアクセス解析を行って、訪問したユーザーの行動履歴を確認します。サイト内のどのようなコンテンツが多く読まれているのか、検索から訪問してどのように巡回するのかを調べるわけです。そこでユーザーが求める情報は何か、それを何に活用したいと考えているのかを導き出します。そのような仮説を元にしてユーザーが望む問題解決の方法を提示することになります。そのような問題を抱えている人にとっては、すぐに必要な情報を得られるようになるわけです。

ランディングページが効果を発揮するのは、その前に巡回するコンテンツページにおいて、ユーザーが必要とする情報をしっかりと与えることができる場合です。化粧品に関する様々な情報を事前に用意して、疑問点などは全て解決しておくことが必要となります。またサイトで扱っている商品を購入することでどんな利点が得られるのかを示すキャッチコピーを用意しておくことで、最終的に購入へと至ることになります。直帰率は元々高いものですが、ユーザーは他の情報を得たいと思わないほどに十分な情報を得ることで、安心して商品を購入できるようになるわけです。経験豊富な業者であれば、ランディングページでの成約率を高めることも可能というわけです。